社会人で働きながら合格する!

MENU
スポンサードリンク

社会人が警察官試験に挑戦!働きながら合格するコツ!

社会人が働きながら警察官採用試験に合格するコツについて紹介します。民間企業から警察官への転職は決して珍しいことではなく、実際に働きながら試験の勉強対策をしているサラリーマンは数多くいます。

 

民間から警察官に転職挑戦する社会人のためにお得な最新情報を提供できればと考えています。是非、当サイトの記事を参考にしてみてください。

 

何歳まで?警察官採用試験の受験資格・年齢制限について

 

高卒程度・大卒程度共に年齢の上限は20代後半になっているケースが多いです。自治体によっては28歳・29歳など30歳まじかでも受験することができるケースもあります。詳しい警察官の年齢制限や受験資格については自治体によって異なり、毎年変更する可能性がありますので、警視庁・道府県警察官公式サイトを参照してください。探せば30代でも受験可能になっているケースがありますし、今後受験制度の改定により社会人経験者枠【民間企業職務経験者】が出来て、40代・50代でも挑戦することができる可能性は十分にあり得ます。

 

社会人の勉強方法は?通学VS通信を徹底比較

 

会社で働きながら警察官試験合格を目指すとなると効率的な対策で1日フルで勉強してる学生に勝たなければいけません。効率的な勉強手法は通学なのか?通信なのか?比較して考えてみました。

 

結論を言えば社会人は夜間講座の警察官予備校・専門学校に通学するよりも、自宅で勉強を進めることができる通信教育がおすすめです。仕事と予備校の両立は非常に難しく、忙しい時期や残業が重なるとモチベーションを下げることになる可能性は高いのです。そのためできるだけ多くの勉強時間を確保するために通信教育を私はおすすめします。通信であれば仕事が忙しくても自宅で寝る前に勉強したり、通勤時間や会社の昼休みを活用するなど隙間時間についても活かすことができます。社会人が警察官試験合格を目指すなら通信講座!

 

最新速報!警察官予備校ランキング

スポンサードリンク